★只今無料レポート「中国語での電話が178倍楽しくなるキーフレーズ会話集!!」を絶賛公開中!
1500人の方がすでに体験中! ダウンロードはこちら

広東語は古代の標準語だった

 


 表題の通り、広東語は古代の標準語であったというお話。別のページ(広東言語)で三国時代の文化人に広東語にかなり近い言葉が使われていたという記述をしたが、これに関するこの件にもう少し突っ込んでいく。

 とある研究機関の人と言語学者の10年近くにも及ぶ研究の成果が発表されたらしい。内容は以下のようなものである。


広東語の起源は古代の民族共通語雅言で、広東省の広信・封開(肇慶市封開県)は広東語の発祥地であり、わが国(中国)の古代標準語の生きる化石だ!!
これだけだと、???なので解説をしていくとこうなる。

 中国の古代には、一種の民族共通語があり、秦〜漢の時期のそれは雅言、宋代以後のそれは官話と呼ばれていた。今日中国語には多くの方言が存在するが、それらの言語には全て雅言の要素が何かしら残っており、その中で最も雅言の要素を色濃く残しているのが広東語だというのである。
 ではその雅言というのは一体どのような言語なのか?雅言の基礎となっているのは原始社会の華夏語で、もともとは黄帝(中国人の先祖とされる)を頭とする華夏部落聯盟の間で使われていたものだそうだ。
 秦の始皇帝が中国を統一した後、”言語の統一”を行ったことにより、雅言の地位が高まり、当時の民族共通語となったのである。その雅言が嶺南(今の広東地域)に入ってきたのは、秦王朝が”百越之地”(広東や広西)を征服した後で、秦に国を滅ぼされこの地域に逃げ込んできた人たちが集まってくると、雅言は彼らの間の交際に必要な言語として使われるようになった。
 こうして考えてみると、三国時代群雄・英雄・名士達が喋っていたのがこの雅言ということになり、曹操を筆頭に当時の文化人は広東語に非常に近い言葉を喋っていたと言える。曹植の有名なあの詩も中国語で読むより広東語で読むほうがよっぽどじっくりくるのである。
 標準語の普通話はもともと由来が西安や河南の洛陽、開封あたりの言語を基礎としていることから、古代の詩を普通話で声に出してみても韻をふまないことが多い。ところが広東語のように古代の雅言を色濃く保存している言語で読むときれいに韻をふむ。こう考えると三国時代も含めそれ以前の詩の愛好者は皆広東語を勉強したほうがいいんじゃない?と本気で思ってしまう(笑)。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 

さて、広東語の発祥についてみていく。
広東語の起源は古代の民族共通語雅言で、広東省の広信・封開(肇慶市封開県)は広東語の発祥地であり、わが国(中国)の古代標準語の生きる化石だ!!
 と上記でとりあげたこのことについてだが、その広東語のルーツとなっているその場所は、広東省と広西省の境のところで、七星岩で有名な肇慶(Xiu Hing)市に属する封開県が発祥地と言われている。

 そこは(シ蕭)賀古道と湘桂水道と呼ばれる古代唐代以前の中原の漢人(漢族)が嶺南(今の広東)に入る時に通る重要な場所で、桂江・賀江と西江がまじわるところでもあり、嶺南の交通要所であった。
 漢の武帝時にはそこから使者を東南アジアやインド半島に派遣したことにより、海のシルクロードが開拓され、広信(封開)は嶺南でも早くから商業や貿易の重要な場所となったのである。もちろん商売上言葉をかわすことは必ず必要なので、互いのコミュニケーションの為に中原から入ってきた雅言が商業、貿易活動を通じて現地の土着言語と融合し、広東語がこうして形成されたのである。
 こうしてみると広東語の起源も客家語と似たような感じを受ける。ま、客家語も客家人の言語がほとんど変わらず現在に至っているのだが、広東語の歴史は客家語のそれより更に古い。そう考えると日頃広東語を喋っている広東人に対して異常なほどの畏敬の念が生まれそうだ(笑)
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
 話を戻して、広信(封開)はまた嶺南において中原の文化が最も早く伝わったところである。三国時代の士燮(詳しくは呉書見聞さんを参照)もここで学校を開き、土着民に中原の儒教文化を普及させ、漢族の移民も百越(嶺南)文化の中から成分を吸収し、漢民族の文化を主体とした嶺南文化を形成したといわれる。
互いの文化交流が進むにつれて、雅言を主体として百越土着言語要素を吸収した広東語もしだいに人々の主要の言語となっていった。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
 西漢(日本では前漢かな!?)元鼎6年(紀元前111年)越南国を滅ぼした後、交趾刺史部を設け各郡を監督させた。東漢になると交趾刺史部の代わりに交州が設置され、州の政治は広信におかれたので、広信は嶺南の政治の中心となった。
土着民族が漢文化と漢字を学ぶ時、雅言も学習したという。もともと土着民族の言語は千差万別で、お互いに言葉が全く通じなかったし、文字もなかった。しかし、雅言が彼らの間で普及し始めると、漢人と雅言を使って会話するだけでなく、部落間のつきあいも雅言を使うようになり、雅言は土着民族間の共通語ともなったのである。
 (この事例は日本占領下の台湾との状況に非常に似通った話だ。台湾にも少数民族がおり、彼ら部族間で使われる標準語が当時は日本語だったという話。)
 同時に、古代百越言語のとある要素も漢族移民の言語として吸収され、次第に漢語の一つの方言となっていった(粤語)。中原や北方においては数千年において戦乱が絶え間なく続き、周王朝以来ずっと中原漢語の標準的な音であった雅言は混乱と共に次第に消えうせてしまった。
その点嶺南地域は比較的安定しており、中原の雅言から変化した粤語はずっと元の音体系を保持してきたのである。
こういうことが歴史オタク研究家の長年の研究により、広東語が今現在存在する中国語の中でも歴史上の最初の民族共通語となった中国語(雅言)に最も近いということが分かったということになるだろう。

 もし広東語が中国の標準語だと何と楽しいことになるだろうか想像もつかない(←広東語大好きな人)。
--------------------------------------------------------------------------------

※広東と広西の名の由来
 そもそも広信って何よ?地図上にも載ってないしそんなとこ知らないっていう方がほとんだと思う。もともと広信の名は、漢武帝時宣言した”初開粤地宜広布恩信”(広東地域を支配するにあたって広く恩や信用を重んじて政策にあたりますんでみなはんよろしゅう!)に由来している。
 226年、呉の孫権時になると、交州は交州と広州に分けられた。この時政治の中心に置かれた場所が広信(封開)であるが、歴史上で初めてこの広州の名が出てくることになる。
 宋代になると広州の地を広南東路、広南西路に分け、広信(封開)を区分け上の中心とし、広信から東を広南東路(つまり広東)広信から西を広南西路(つまり広西)とした。広東、広西、広州はこのような由来があったのである。

地図で拝見してもらうと分かるが現在でも封開県を境に西が広西省、東が広東省という区画になっている。歴史を知ると何でもないようなところに意外な事実が隠れていて非常に楽しい。

posted by KEN at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広東語

香港式広東語の中で日常よく使われている英語からの借用語


 ここで紹介するのは私が知る限りの香港人が使っている日本の和製英語みたいな、

香港式英語(広東語!?)をとりあげます。
 
テレビや映画、ラジオ等聞いていて結構聞かれる言葉なんで
香港式広東語を知る上で役に立つのではないかなぁと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

AA制 [ei1 ei1 zai3]★★★
割り勘。

Book [buk1]
予約する。

Buffet [bou6 fei1]
ビュッフェ(バイキング)。

C.D. [si1 di1]
Compact Disc

Call [ko1] ★★★
電話機、電話をする。

Cancer [ken1 sa2]
癌。

Cheep [tsip1]
安っぽい。

Check [tesk1]
検査する、照らし合わせる。

Cheque [tsek1]★★★
チェック。

Click [kik1]
クリック(する)。

Commission [kam6 mit1 soen2]
コミッション。

Cool [ku1]
クール。

Copy [kap1 pi4]
コピー。

Colour [ka1 la4]
色、カラー。

Cut [kat1]
カットする

Cute [kiu1]
可愛い

Encore [en1 ko1]
アンコール

Fashion [fa1san2]
花臣と書く。ファッション

Facial [fei1 sou4]
フェイシャル

Fans [fan1 si2]
ファン

File [fai3 lou2]
ファイル

Fit [fit1]
フィットする

Foul [fau1]
淘汰

Friend [fen1]
友達

Game [gem1]
ゲーム

Happy [hep1 pi2]
ハッピー

Hi-Fi [haai1 faai1]
high fidelityの略。高音質音響機材

High [haai1]
(気分が)ハイテンション、高級

Hold [hou1]
持つ、捕まえる、維持する

Horn [on1]
車のクランクション

IDD [aai1di1 di1]
International Direct Distance 国際電話

In [in1]
in fashion,interviewの略

IQ [aai1 kiu1]
intelligence qualityの略。アイキュー

Jacket [dzek1 kek4]
ジャケット

Keep [kip1]
(彼氏彼女を)キープする、保持する

Kilo [ki1 lou2]
キログラムの略

Label [lei1 bou2]
ラベル

Last [la1 si2]
最後、ラスト

Logo [lou1 gou2]
logotypeの略。ロゴ

Look [luk1]
容姿、形状

Maths [met1 si2]
Mathematics(数学)の略

Memo [mi1 mou2]
memorandumの略。メモ

Miss [mi1 si4]
Miss(女性・女性の教師に対する)ミス。

Mood [mut1]
気分

Movie [mu1 fi2]
ハンディカム撮影機

O.K. [ou1 kei1]
オーケー

O.T. [ou1 ti1]
over timeの略。残業

Pack [pek1]
包装する

Part time [paak1 tam1]
パートタイム、兼職

Party [paat1 ti4]
パーティー

Percent [pe6 sen1]
パーセント

Pizza [pi1 sa4]★★★
ピザ

Present [pi6 sen1]
presentation(プレゼンテーション)の略

Quali [ko1 li2]
qualification(履歴・学歴)の略

Round [laan1]
ラウンド、一回り

Sales[seu1 si2]
販売員

Seat位 [sit1 wai2]
(自転車等の)座席

Secu [sek6 kiu1]
security(セキュリティー)の略

Sense [sen1si2]
センス、感覚

Set [set1]
設定、装置

Sexy [set1 si4]★★★
セクシー

Sharp [saap1]
鋭い

Shopping [sok1 ping4]★★★
買い物、ショッピング

Short [sot1]
ショートする

Sir [soe4]★★★
(男性の警察・教師に対しての)敬称

Style [si4 daai1 lou2]
スタイル

Talk [tok1]
会話

Tissue [ti1 su4]★★★
ティッシュ

Title [taai1 tou4]
タイトル

T shirt [ti1 soet1]
Tシャツ

U [yu1]
University(大学)の略

Up-date [ap1 dei1]
アップデート

Van [wen1]
小型のバス、貨物車

VIP [wi1 ai1 pi1]
VIP

Walkman [wok1 man2]
ウォークマン

Watt [wok1]
ワット

posted by KEN at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広東語

広東語とは何ぞや?

広 東 言 語
--------------------------------------------------------------------------------
 広東は中国でもかなり歴史のある言語で、有名な三国志(三国時代)曹操のような文化人の間で使われていた言語に近いと言われ、歴史の浅い上海語でさえ広東語の影響を受けている。
 東南アジアに近いこともあって、聞いてみるとベトナムやタイの言葉に少し似ているような感じを受ける。また広東省ととなりあっている広西省の一部の地域の人も広東語が分かり話すこともできる人もいる。また香港やマカオも広東語圏に属する。
 ほとんどの人が知らないのだが、海南省はもともとは広東省で少数民族の言語以外は日常広東語が使われている。また世界にちらばる華僑のかなりの多くの人が広東語を母語としていることも分かるように、中華における最大の影響力を持つ言語と言ってよいかもしれない。


--------------------------------------------------------------------------------


 いわゆる中国の標準語”普通話”とはまるで違う言語で、漢字一つ一つの発音も違うだけでなく、文法も若干違い、使われる漢字も違ったり独自の漢字を有している。その為普通話を聞き取れる人間が聞いても、彼らが何をいっているのかさっぱり分からない。まるで別世界の言語のようなものなのである。

食べる=(中)吃[chi] (広)食[xig]
 
広州の人が話す言葉を広州話といい、広東語の標準語とされ、一般には白話(広東語のこと)と呼ばれている。


--------------------------------------------------------------------------------

 広東地域を旅行するときに一番の障害となるのはもちろん言語である。もともと広東人は日常広東語を話すため、彼らの話すいわゆる”普通話”(標準語)には広東語の強い訛りが出る。時にはそれが異常に可愛く思えるぐらい滑稽に感じるのだが、実際旅行していると広東語の障害だけではすまない。
 広東語の中にも色々方言があって、標準の広東語を”標準語”として、東莞語、順徳語、台山語、潮州語、雷州語等多数の方言があり、しかもその各方言の中にも”土話”(土着の言語,例えば農村の言葉。都会と農村は同じ言語でも言葉がかなり違ってくる)があるという非常に複雑な言語体系になっている。またそれらの方言はおよそ広東語の方言とは思えない程広東語からかけ離れている為、広東語が聞き取れてもそれらの方言を聞き取るのはかなりの困難である。
 
広東語普通話⇒方言⇒土話
更には広東地域には少数民族がおり、彼らが話す言語もまた中国語の標準語”普通話”や広東語とは全く異なる。その為旅行中は、出来る限り道などものを尋ねるときは若い人間に聞くこと。農村になるとまるっきり普通話はおろか広東語も通じないこともしばしば。どうしても駄目なときは奥の手、筆談(笑)。


--------------------------------------------------------------------------------


[広東北部の言語]

 広東省の北部地域は客家語と広東語の地域がまじわるところであり、広東語圏の中にも客家語圏が含まれていたり、客家語圏の中にも広東語圏が含まれていたりと各地に交錯するように分布している。そのなかで、清遠地区の大部分は広東語圏に属し、少数の人が客家語を話す。
(音召)関と清遠の英徳は客家語区に属するが、(音召)関市内は広東語圏に属する(ちとややこしいねぇ、、、)
 その他に広東北部には三大方言以外の(音召)州語等計20種類あると言われている(ひやぁ〜!)。例えば南雄と梅嶺一体は江西省に隣接しているので、”土話”(前述太字)は江西省南の方言にかなり似通っているといわれる。
また楽昌、仁化の湖南省に隣接している地域は多くが湖南語の訛りがあるという。
連南、連山、乳源の瑶族が話す言葉はもちろん普通話とは文法、単語がまるっきり違うのだが、彼らも一応普通話、広東語、客家語も分かる人もいるようだ。ま、例によって訛りはかなりきついのだけど。
連山の壮族が話す壮語は今でも古ベトナム語の成分が最も多い言語で、生きる言語の化石と呼ばれている。中国語と瑶語とは全くことなる言語体系の一族なのである。


--------------------------------------------------------------------------------


[湛江地区の言語]

 潮州やスワトウ地区と湛江の雷州半島は広東省の東果てと西果てだが、この二つの地域は使われている言語がミン南語(福建の言語)に似通っているのが特徴で、湛江人が言う”雷州話”である。
これは雷州半島の大部分の人が福建と広東省東の地域から移民してきたからだといわれている。唐から始まり、宋、明、清代まで常に海を経て移民が絶えなかったという。
雷州話以外に一部の人が広東語(広州語)ができる。主に湛江市内や呉川と廉江の地域。
[客家語]
広東地域における三大方言は、広州話、ミン南話、客家方言であるが、その内客家語の分布が最も分散している。もし地図上に客家語圏を点で全部チェックしたらあらゆる地域にその点のマークが星のようにきらきら輝いてしまうほど(笑)分散しているのだ。
しかし客家語のすごいところはあらゆる地域の客家人が話す客家語にほとんど差異がないという言語の純潔性である。全くこれは驚きに値することで、中国各地に存在する方言の性質と比べると客家語はとにかくピュア(!?)。
アイスコーヒー (中)[dong ka fei] (広)[dong ga fe] (客)[dong ka fui]
客家語地域に属す有名な地域は潮州、スワトウ、梅州などで、特に梅州は人口の97%が客家人だと言われている。
[ミン南語地区の言語]
福建に近い地域及び潮・スワトウ地域でも話されている。
[香港の人はどの言語?やっぱり広東語?]

 広州話と基本的に同じだが、香港人が喋る広東語はその”広州話”とは少し違う。
香港人が喋る”香港話”は中西合壁(中国と西洋の合体)といわれるように、香港式広東語で、会話の中に度々英語が含まれていたり、英語を広東語独自の音に直して使われたりしている。

 更に広州話と香港話の違うところは、広州話の単語の多くがが普通話に基づいている(つまり音だけ変わる)のに対して(もちろん普通話とはかなり違うのだが)、香港話は自分たち独自で創りあげた単語を使用する。
(広州話)上班(出勤する)[sheung ban] (香港話)返工[fan gong]
 
 なので広州人が初めて香港を訪れた時、香港人が喋る広東語に面食らい何を言ってるのか分からないということも多々ある。ただ、広州話と香港話が違うといっても、そのほとんどが単語の違いにあるだけなので、最近は香港のテレビに見慣れた大陸の広東人が香港話にかなり慣れて普及が進んでいる(広東地域の都市では香港のテレビが見れる)。
posted by KEN at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 広東語
Copyright(C) 2006 byチャイビジ!allright reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。