★只今無料レポート「中国語での電話が178倍楽しくなるキーフレーズ会話集!!」を絶賛公開中!
1500人の方がすでに体験中! ダウンロードはこちら

漢字音体系の分化を比較言語学と言語接触から考察する

私が参加している台湾語メーリングリストで、
面白い記事を読ませていただいたので、以下に参考までに
コピペします。
 
 
それにしても台湾語は奥深いんですねぇ。。
 
ますます学習意欲が湧いてきましたね!
 
 
 
 
 

台湾語は漢字音の対応によって、シナ語派に分類されている。
シナ語派の分類について、樹形図でその分岐を示しているものは、あまり見
ない。(あまり興味がなかったからかも)

以下の考察は、シナ語音韻学の教養のない素人の手によるものなので、専門
家が見たら気分を悪くするかもしれないけれど、なにか教えてくれるという
人がいたら、お願いします。樹形図があるので等幅フォントでご覧くださ
い。

最近、上海語(呉語)で有声破裂音b,d,gを保存しているのを知った。
一方で、呉語は様々な特徴を官話と共有している。

日本に伝えられた漢字音のうち、呉音には、有声破裂音が反映されている
が、漢音では無声化している。例:「平」呉音ビョウ、漢音ヘイ。

漢音は遣隋使・遣唐使に伝えられたものであろう。当時、官話では(1)「全
濁」の無声化がすでに起こっていたということになる。平声の全濁は、無声
有気音に合流し、仄声のそれは、無声無気音に合流した。

呉語では、この変化は起こらなかった。「全濁」が保存された。(Y1)粤語
(および客語)では「全濁音」が無声有気音に合流した。(H1)ホーロー語で
は無声無気音に合流した。官話と粤語、ホーロー語で、合流先や条件が異な
るので、それぞれ独自に変化したと考えられる。

 中古音
 / \
(1)   \
|    |
官話  呉粤ホーロー
 →漢音
 →朝鮮音

その後、官話で(2)「軽唇音化」が起こった、このうち「尾」は*mからv,wへ
と弱化した。これは呉語、越南漢字音には反映されているが、粤ホーロー、
朝鮮漢字音(唐末伝来といわれる)には反映されていない。したがって朝鮮
漢字音伝来よりも後に起こったことであろう。既に、官話と呉語は分かれて
いるので、たまたま同じ変化を起こしたか、(2')社会的に権威を持つ官話で
の変化を呉語が取り入れたと見られる。また粤ホーローには反映していない
ことから、この時点以前に、粤ホーロー語が呉語と分かれた(X)と推定さ
れる。これがどんな変化で分かれたかは不明。単に呉語が官話と接触してい
たということかもしれない。

官話  呉粤ホーロー
|    X
|   / \
|  呉語 粤ホーロー
(2)⇒(2') 
 →越南音

また、官話で起こった(3)「知t」「照ts」の子音の合流は、(3')呉語、粤語
で反映されているようだが、漢音、越南漢字音、ホーロー語には反映されて
いない。そうすると、この時点でホーローが分かれていることが望ましい。
ホーロー語が粤語と違うのは、(H1)「全濁」が無声無気音に合流した点であ
る。粤語では(Y1)無声有気音に合流した。

      粤ホーロー
      | \
      (Y1) (H1)
官話 呉語 粤語 ホーロー語
(3)⇒(3'),(3')

その後、官話では(4a)-mの-nへの合流、(4b)-p,-t,-kの合流・脱落、(4c)
「尖団」の合流(kiがtsiになる)などが起こった。これは呉語にも反映され
ている。他方、粤・ホーローには反映されていない。以上まとめると次のよ
うになる。

 中古音
 / \
(1)   \ (官話に特有の「全濁」無声化)
|    \
官話   呉粤ホーロー
|→漢音   | 
|→朝鮮音  |
|      /\
|     / | \
|    | (Y1) (H1) (それぞれに特有の「全濁」無声化)
|    呉語 粤語 ホーロー語 
(2) ⇒ (2') |  |  (一部のm-の閉鎖の弱化)
|→越南音| |  |
|    | |  |
(3) ⇒ (3')(3') |  (「知t」「照ts」の子音の合流)
(4abc)⇒(4abc)|  |
|    | |  |
官話   呉語 粤語 ホーロー語


posted by KEN at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(5) | 台湾語

台湾語の番組を録音公開します。

第8回のCBK PODCASTを公開しました。
 
 
http://www.voiceblog.jp/chaibiji/
 
 
今回は、アナウンス無しでいきなり台湾語のバラエティー番組が
始まっています(笑)
 
何の概説もないので、わけがわからないかもしれませんが、
日本語が多々含まれる特殊なミン南語、台湾語に少し触れてもらいたいと
思いこれを公開しました。
 
 
posted by KEN at 21:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 台湾語

台語真簡単(台湾語って超簡単!・笑)

SHOKOBEのZONOさんがわざわざ帰国の際に、
台湾語の教材を買ってきて下さいました。
 
(ZONOさん、どうもありがとうございました!)
 
 
こんな感じの教材です。
 
 taiyu1.jpg
 
 
名前は、「台語真簡単」(台湾語ってすごく簡単)というCD付きの本です。
 
 
中を開けると、
 
 
taiyu2.jpg
 
 
こんなふうになっています。
 
教科書とCDが4枚セット。
これで値段はNTD720(約2500円)。
値段的に高いのか安いのか分かりませんが、中はすごいボリュームです。
 
 
最初の方によく使える台湾語フレーズがあって、
後はジャンル別(場面別)毎で関連の台湾語単語を取り上げる
という構成になっています。
 
これは、かなりやり応えがありそうな教材です。
iPODに入れて、通勤時に教科書見ながら耳を傾けたいです。
 
 
ちと困惑しているのが、以前も日本で購入した台湾語でもそうでしたが、
台湾人が喋っているのを聞いていると、とある言葉の音は濁っているはずなのに、
教科書表記では、濁音になっておらず清音になっているということ。
 
例)講 kong4←本表記 gong←台湾人の発音
  転去(=回去<帰るの意味>)tsng ki←本表記 dng ki←台湾人の発音
 
 
これは頭が痛い問題です。
どちらが正しい発音なのかと悩むところですが、
私は台湾人と同じような発音で発音しています。
 
一度専門家の方にこの問題を聞いてみようと思います。
 
 
とにかく、この教材に出会えてよかったです。
 
また、この本はシリーズもので、他に広東語や韓国語、欧州言語やベトナム語、インドネシア語、日本語等の姉妹本もあります。
 
 
ちなみにZONOさんには、台湾の紀伊国屋書店で購入してもらいました。
 
 
台湾紀伊国屋書店
http://www.kinokuniya.co.jp/06f/d01/network5.html

 
いつもどうもありがとうございます。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです。

http://blog.with2.net/link.php?332893

posted by KEN at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾語
Copyright(C) 2006 byチャイビジ!allright reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。