★只今無料レポート「中国語での電話が178倍楽しくなるキーフレーズ会話集!!」を絶賛公開中!
1500人の方がすでに体験中! ダウンロードはこちら

中国の戸籍制度から見た「世界の工場」の行方

面白い記事を見つけたので紹介します。
 
 
■中国の戸籍制度から見た「世界の工場」の行方
 
http://www.hitachi-hri.com/opinion/01report/01aeareport/03ch/ch03.html
 
 
 
>中国でも五ツ星級ホテルの場合は、今やクレジットカードでの支払いが常識である。
>しかし、上海の戸籍を持たない私の場合、実はクレジットカードを申し込む資格さえないのが
>現状である。
 
これは本当です。
 
 
>日本では考えられないかもしれないが、中国の戸籍制度には
>実にさまざまな面で対応の違いがある。
>ほかにも、例えば海外で中国移動通信(上海)の携帯電話を使う場合、
>本人が上海戸籍を持つか、あるいは上海戸籍を持つ保証人がいなければ、
>手続きをしてもらえないこともある。
 
これは私も経験しました。
もちろん私の場合は、私自身が外国人になるので国際ローミング対応の全球通を
銀行引き落としで申し込もうとしても、駄目でした。
 
そこで、妻名義でやろうとしたのですが、
東莞市戸籍(広東省)ではないということで即拒否されました。
 
ここらへんは外国人であろうと中国人であろうと徹底されています。
 
戸籍をとるために、必死に働いて家やマンションを購入して
「戸籍を買う」ということをやる人が多いのが実情です。
 
(30年ローンとかがほとんどですし、カラオケのオネーチャンがポーンと一括払いで
買ったりします。)
 
また、広東省の戸籍が手に入れば、香港やマカオなどの特別行政区に
簡単に行けるようになりますし、たくさんの人が広東省戸籍取得の為
マンションを購入するような激しい競争もあります。
 
私もいずれ広州で家を買いたいと考えていますが、
不動産価格が跳ね上がる前に買っておきたいですね。
 
posted by KEN at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23700388

この記事へのトラックバック
Copyright(C) 2006 byチャイビジ!allright reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。