★只今無料レポート「中国語での電話が178倍楽しくなるキーフレーズ会話集!!」を絶賛公開中!
1500人の方がすでに体験中! ダウンロードはこちら

日本人出張者が大陸に求めるもの


今世界の中で最も熱いといわれている国、中国。

 

私はそんな国の中で現在生活しているわけですが、実際に工場なんかを見ていても
日本の経済状況なんかから考えてみると、とんでもなく活気に満ちておりメディア等で
言われていることはあながち嘘ではないということを実感しています。

 

日本の多くの企業もこの国に進出して工場を立てたり、中国の企業に委託して製品を
作ったりしていて、この国で暮らす日本人の数はかなりのものになります。

 

今回のお話というのは、中国に工場はないのだけれど中国の工場に委託して製品を立ち上げる
というような企業の方々についてのお話。

 

彼らは日本からコストダウン、品質保証等会社の命運をかけこの国にやってきて製品の立ち上げを
確認しに来ます。その意気込みはなかなかのものです。

 
しかし、残念ながら彼らのその情熱は大半が違う情熱に変わってしまう(笑)。
 
品質保証の人間はまだましですが、こちらに来る目的もいまいちあいまいに思える方々は、工場見学も適当にし出来上がった製品を確認したらあとはもうフリータイム。午前から活動が始まると午後からはもうリラックスタイムです(笑)
 

今日本は不景気。景気がわりーよーと言い始めてもう何年経つのでしょうか?そんな日本で働かれてい
る方たちの生活は苦しいばかり。お小遣いもろくになく、お酒を飲みに行くことすら出来ない。

ところが中国に来ると物価は安いので日本じゃ食べられないものがたくさん食べられますし、自分の
財布をいためることなく会社から経費として出張費を渡され、現地ではメーカーやベンダーに盛大に接
待される。

 

ただでさえ日々の切羽詰った世界から海外に出てくるというだけでも開放感があるのに、日本じゃ体験
できないことがこの国に来ればもう体験し放題で、おつりまでも返ってきちゃいます(笑)

 

そんな彼らが日本から中国にものすごく情熱をかけてやろうとしていること。それは二つあります。
一つはもちろん仕事です。会社の使命を帯びて来るんですから気合かなり入ってます。もう一つは
カラオケに行くこと。

 
カラオケ?そうなんです。
 
中国にもカラオケはありますよたくさん。
 

ただ、私が言う”カラオケ”
というのは日本のようなカラオケとは全く異なる場所なのです。

 

一般に中国でお客さんを接待する
場合は必ずと言っていいほどこの”カラオケ”に行って接待ということになるんです。

 

中国のカラオケは大抵が(というより接待で行くカラオケは)部屋に入った後、気取った女性の後ろに
たくさんの若いぴちぴちのおねーちゃんがついて部屋に入ってきます。何とその後その気取った女性が
好きなおねーちゃんを選べというではありませんか(笑)

 
 

これには日本から出張で来ているおじ様おじい様方は狂喜乱舞です。表向きはおねーちゃんなんかいら
ねーよみたいな顔しながら内心では心臓ばくばくいわしてる人や、あからさまにすけべそうなでれでれ
した顔でおねーちゃんをチェックしてる人まで様々です。

 
 

しかもカラオケの後、そのホテルに泊まっている彼らは自分のおねーちゃんを何としてでも持って帰っ
てエッチしようと考えます。接待側としては出来るだけ彼らに安全で(警察などのがさいれが部屋に入
らないよう手配したり)そのおねーちゃんとロマンチックな夜を過ごしてもらう為にすごく苦心するの
です。

 
そんな天国みたいないいとこあるんだったら行ってみたい!
 

そういう風に思う方もいるかもしれません。正直言うとこの手の類のカラオケは現地滞在組みからする
と三四回もいけばあきます。

 

日本語の歌も少ない上あっても少ない、中国語(広東語・台湾語)の歌に
関してもやっぱりそんなにないのでどうしてもあきが来る。

 
一番の問題はお金です。おねーちゃんにチップあげるお金がちょっと馬鹿になりません。
 

一般的に広東
省のホテル内のカラオケでは200元です。お客の横に座ってるだけで200元(約2800円)、
いい商売ですねぇ〜(笑)

 

うちの会社なんかは特に困ったことに接待でカラオケに行ってもそのおねーちゃんにあげるチップ
200元は自腹(涙)カラオケ好きのお客さんが来たときなんかもう大変。毎日行く羽目になるのは
当然ですが、二週間毎日はまじで辛かったです。

 
何たっておねーちゃんのチップが2000元以上(約28000円)。


当時は頭を抱えました(笑)心の中では「二度とくんなや〜こらー」とか思ってました、すんません。

ともあれこの中国の文化らしいと言えばらしいこのカラオケの習慣。先日珠海の件でどうだこうだ
ということが言われていたらしいですが、あれは人目につきすぎたのとホテルのカラオケを
丸ごとに貸しきって、他のお客さんが入れなくなったことから爆発が始まり、更には”小日本”への
抗日意識もあいまってあれだけ大きくなったのでしょう。

 

ただ、先も言いました通りこの娯楽場所に行くと若いおねーちゃんが入ってきて選ぶという習慣は
中国の習慣であり(他の国でもあるでしょうが)、大陸人、香港人、台湾人、華僑、韓国人等この
国に来て商売をやっている人間ならば皆が通っているところなのです。

 

特に彼らの素行は横暴で本当の意味でおねーちゃんを食いつぶしています。本国には妻も子供いる
ような方々がやっていることは目を覆うばかりです。もちろん日本人の中にもひどい人間もいますよ。
ただ日本人の場合はまだ無茶苦茶なことする人間は少ないってことです(珠海の件は無茶苦茶ですがね)

 
「今度○月○日中国入りますんで、○○さんうちのおねーちゃんの手配よろしくぅ!」
 
ゆとりを失った彼ら日本人が大陸で求めるもの、それは彼らにとっては何よりの安らぎなのでしょうか?
 
12/12/03 written by KEN
posted by KEN at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22064114

この記事へのトラックバック
Copyright(C) 2006 byチャイビジ!allright reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。