★只今無料レポート「中国語での電話が178倍楽しくなるキーフレーズ会話集!!」を絶賛公開中!
1500人の方がすでに体験中! ダウンロードはこちら

アモイ市検察院大移動(61M)

 
これ、
 
 
すごいですね。
 
 
http://news.sina.com.cn/c/p/2006-11-17/083211541697.shtml
 
 
お金の有効利用(?)とほめるべきでしょうか?(笑)
posted by KEN at 12:39 | Comment(19) | TrackBack(5) | 中国歴史・文化

糖朝梅田店に行ってきました。

というわけで、早速香港のスイーツ店【糖朝】に行ってきました。
 
阪急梅田茶屋町出口のすぐ横のビル3Fにあります。
 
 
img231.jpg
 
↑入り口です。
 
思ったよりも、人は多くなかったですが、平日の昼とかは
人が多そうですね。
 
 
img230.jpg
 
↑蝦ワンタン面(840円)
 
味はそこそこいけます。何と言っても現地の味が日本で
味わえることが感動しました。
 
 
img228.jpg
 
↑菜心(チョイサム)。日本では手に入らない野菜です。
 これが食べれるだけでも超幸せです(笑)写真はオイスターソースで
 あえたものです。
 
 
img224.jpg
 
 
メニュー的には、香港本店と比べると少ないですが、
味は本場の味でした。
 
また、豆腐花とマンゴープリンも食べましたがおいしかったですよ。
 
梅田に香港レストランがあるというだけで、落ち着けますね。
広東料理に恋しくなったら、度々来そうです。
 
また、お客さんを連れて行ってみようと思います。
 
 
 
posted by KEN at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 中国歴史・文化

香港スイーツのチェーン店【糖朝】が大阪梅田にオープンしています。

香港スイーツのチェーン店【糖朝】が大阪梅田にオープンしています。
 
 
k752004l.gif
http://www.sweetdynasty.com.hk/
 
 
 
香港では日本人に大人気のお店です。
メニューは色々あります。
 
 
k752004pm1_a.jpg
 
↑お粥とか
 
 
k752004ps1.jpg
 
↑チヂレ面(潮州面)のエビワンタンとか
 
 
k752004pm2_a.jpg
 
↑マンゴープリンとか(これまじでうまいです)
 
 
k752004ps2.jpg
 
↑こういう点心もありますよ。
 
 
私のオススメは、なんといってもタピオカ入りの「豆腐花」です。
これ一度はまるとやめられない味です。
是非足を運んで食べてみて、香港の食文化に触れてみてください。
 
 
梅田店
http://r.gnavi.co.jp/k752004/
 
 
東京青山店
http://www.magellanresorts.co.jp/monthly/world-foods/wf-2002.10.html
http://r.gnavi.co.jp/g739804/
 
ジェイアール名古屋タカシマヤ 4F
京都タカシマヤ 7F
大阪タカシマヤ 西館B1F
柏タカシマヤ TX館4F
玉川タカシマヤ B1F
日本橋タカシマヤ 新館6F
 
にもあるようです。日本であの味が体験できるとは、考えただけでも興奮します(笑)
posted by KEN at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国歴史・文化

中国ビジネス情報

随分前の更新から時間が空いてしまいましたね。
 
世の中はどんどん動いていっているので、
最近気になったニュースをどかっと下記に記しますね。
 
 
コマツ、トンネル掘削機9台を上海で受注
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061106d1d270bs05.html
 
中国の外貨準備高、1兆ドルを突破・世界初
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061106c2m0602006.html
 
日本の対中直接投資減少、1―9月30%減――大型案件が一巡
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061106d3s0601706.html
 
台湾の陳総統、1審有罪なら辞任・夫人の公費横領容疑
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061105d2m0501305.html
 
GSIクレオス、北京に靴下やインナーなど繊維関連事業拠点
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061107c19b7000_07.html
 
中国とアフリカ結ぶ初の直行便・中国南方航空
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061104r2m0401w04.html
 
「友好国」は日本より中国・エジプト世論調査
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061102c19b2004_02.html
 
中国で省エネ事業拡大・住商や三菱重工など
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061103d1d2604403.html
 
新たな日中関係
http://www.21ppi.org/japanese/hitokoto/tanaka292.html
 
 
 
posted by KEN at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ビジネス

漢字音体系の分化を比較言語学と言語接触から考察する

私が参加している台湾語メーリングリストで、
面白い記事を読ませていただいたので、以下に参考までに
コピペします。
 
 
それにしても台湾語は奥深いんですねぇ。。
 
ますます学習意欲が湧いてきましたね!
 
 
 
 
 

台湾語は漢字音の対応によって、シナ語派に分類されている。
シナ語派の分類について、樹形図でその分岐を示しているものは、あまり見
ない。(あまり興味がなかったからかも)

以下の考察は、シナ語音韻学の教養のない素人の手によるものなので、専門
家が見たら気分を悪くするかもしれないけれど、なにか教えてくれるという
人がいたら、お願いします。樹形図があるので等幅フォントでご覧くださ
い。

最近、上海語(呉語)で有声破裂音b,d,gを保存しているのを知った。
一方で、呉語は様々な特徴を官話と共有している。

日本に伝えられた漢字音のうち、呉音には、有声破裂音が反映されている
が、漢音では無声化している。例:「平」呉音ビョウ、漢音ヘイ。

漢音は遣隋使・遣唐使に伝えられたものであろう。当時、官話では(1)「全
濁」の無声化がすでに起こっていたということになる。平声の全濁は、無声
有気音に合流し、仄声のそれは、無声無気音に合流した。

呉語では、この変化は起こらなかった。「全濁」が保存された。(Y1)粤語
(および客語)では「全濁音」が無声有気音に合流した。(H1)ホーロー語で
は無声無気音に合流した。官話と粤語、ホーロー語で、合流先や条件が異な
るので、それぞれ独自に変化したと考えられる。

 中古音
 / \
(1)   \
|    |
官話  呉粤ホーロー
 →漢音
 →朝鮮音

その後、官話で(2)「軽唇音化」が起こった、このうち「尾」は*mからv,wへ
と弱化した。これは呉語、越南漢字音には反映されているが、粤ホーロー、
朝鮮漢字音(唐末伝来といわれる)には反映されていない。したがって朝鮮
漢字音伝来よりも後に起こったことであろう。既に、官話と呉語は分かれて
いるので、たまたま同じ変化を起こしたか、(2')社会的に権威を持つ官話で
の変化を呉語が取り入れたと見られる。また粤ホーローには反映していない
ことから、この時点以前に、粤ホーロー語が呉語と分かれた(X)と推定さ
れる。これがどんな変化で分かれたかは不明。単に呉語が官話と接触してい
たということかもしれない。

官話  呉粤ホーロー
|    X
|   / \
|  呉語 粤ホーロー
(2)⇒(2') 
 →越南音

また、官話で起こった(3)「知t」「照ts」の子音の合流は、(3')呉語、粤語
で反映されているようだが、漢音、越南漢字音、ホーロー語には反映されて
いない。そうすると、この時点でホーローが分かれていることが望ましい。
ホーロー語が粤語と違うのは、(H1)「全濁」が無声無気音に合流した点であ
る。粤語では(Y1)無声有気音に合流した。

      粤ホーロー
      | \
      (Y1) (H1)
官話 呉語 粤語 ホーロー語
(3)⇒(3'),(3')

その後、官話では(4a)-mの-nへの合流、(4b)-p,-t,-kの合流・脱落、(4c)
「尖団」の合流(kiがtsiになる)などが起こった。これは呉語にも反映され
ている。他方、粤・ホーローには反映されていない。以上まとめると次のよ
うになる。

 中古音
 / \
(1)   \ (官話に特有の「全濁」無声化)
|    \
官話   呉粤ホーロー
|→漢音   | 
|→朝鮮音  |
|      /\
|     / | \
|    | (Y1) (H1) (それぞれに特有の「全濁」無声化)
|    呉語 粤語 ホーロー語 
(2) ⇒ (2') |  |  (一部のm-の閉鎖の弱化)
|→越南音| |  |
|    | |  |
(3) ⇒ (3')(3') |  (「知t」「照ts」の子音の合流)
(4abc)⇒(4abc)|  |
|    | |  |
官話   呉語 粤語 ホーロー語


posted by KEN at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(5) | 台湾語

安倍晋三首相誕生に中国も注目

南方都市報(広州)より。
http://www.nanfangdaily.com.cn/southnews/
 
 

 
ANBEI.jpg
 
 
新聞の一面トップ及び別ページで特集ページが組まれるなど、
中国でもかなり注目されているようです。
 
下記に関連ページをあげておきますね。
 
http://news.sina.com.cn/w/p/2006-09-27/023411112344.shtml
posted by KEN at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ビジネス

台湾語の番組を録音公開します。

第8回のCBK PODCASTを公開しました。
 
 
http://www.voiceblog.jp/chaibiji/
 
 
今回は、アナウンス無しでいきなり台湾語のバラエティー番組が
始まっています(笑)
 
何の概説もないので、わけがわからないかもしれませんが、
日本語が多々含まれる特殊なミン南語、台湾語に少し触れてもらいたいと
思いこれを公開しました。
 
 
posted by KEN at 21:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 台湾語

中国の銀行の高い利益獲得能力の背景=限定的な金利政策の効果

中国の銀行の高い利益獲得能力の背景=限定的な金利政策の効果
 

http://www.dir.co.jp/publicity/column/060919.html
 
以下コピペです(笑)


 

中国の銀行が高い利益獲得能力を有すると書くと違和感を持つ向きも多いだろう。
しかし、現在の預貸スプレッドは1年物で最低3.6%あり、
中国の銀行は貸せば貸すほど儲かる構図となっている。

さらに、中国では2006年4月と8月に貸出基準金利が引き上げられたが、
預金金利の引き上げは8月のみであった。

引き締めを意図とした貸出基準金利の引き上げにもかかわらず、
4月の利上げ時には銀行の預貸スプレッドは一段と拡大し(最低で3.3%→3.6%)、
むしろ銀行の貸出インセンティブを高めてしまったのである。

中国の銀行は政府の手厚い保護を受けている。
預金金利は大口預金を除き規制されており、
銀行間で金利面の競争はほとんど存在しない。

 
 

さらに、貸出金利については、
下限は貸出基準金利の0.9倍(個人向け住宅ローン金利は0.85倍)と

規制されている一方、商業銀行の場合、上限金利は撤廃されている。
 

すなわち、銀行にしてみれば、調達金利はほぼ一定である一方、
運用金利は現在のような引き締め局面では高目の金利を設定することが可能となる。

先に、預貸スプレッドは「最低」で3.6%としたのはこのためである。
そして、高い利益獲得能力(不良債権処理の源泉のひとつ)とこれにインセンティブ
を得た貸出増加が、不良債権比率の大幅な低下に貢献している。

 


四大商業銀行の不良債権比率は2003年末の20.4%から

2006年6月末には9.5%へ低下した。
 
 

以上のように、現在の金利政策の貸出抑制効果は極めて限定的である。
効果を期待するのであれば、金利感応度の低い借り手が尻込みするほどに
金利を引き上げる必要があるが、これは景気のオーバーキルを招く可能性を

高めるなど、現実的ではない。
 
 

では、銀行貸出をスローダウンさせるにはどうすればよいのか。
融資可能額を直接引き下げる預金準備率の引き上げ

(7月と8月に実施済み)は一定の効果はあるが、
効果が大きいのは何と言っても「窓口指導」(行政指導)である。

 
 

中国証券報などによれば、中国銀行業監督管理委員会は、
8月より主要商業銀行16行を四分類し、最も厳しい場合は、
新規貸出の拡大停止を要求するなど、行政指導を強化するとしている。

8月以降の金融統計からこの効果がはっきりと現れる公算は大きい。
 


銀行経営の効率性向上のスピードアップの問題はともかく、
行政指導に多くを依存する限り、銀行の高い利益獲得能力は維持されるのである。

posted by KEN at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 中国ビジネス

台湾の変わったもの!?

 
今日は台湾で出くわした面白いものをいくつか紹介してみます。
 
 
img071.jpg
 
↑台南名産!?緑豆湯(スープ)。中国でもこれ系のスープはたくさんありますが、
 これは豆自体がすごいおいしい!下火(解熱)作用もあるので超オススメです。
 
 
img076.jpg
 
↑高雄空港内のモニュメント!?なんで龍。。。
 
 
img091.jpg
 
↑台湾では普通に日本語表記の標識があったり、商品に日本語が
 使われていたり、テレビのコマーシャルに日本語が使われていたりします。
 親日である台湾を大事にしましょう〜
 
 
img097.jpg
 
↑【タバコを吸わないことが如何に有益であるか】を訴えている公共広告。
 なぜかジャッキーチェン(笑)ちなみに彼は香港人です。
 煙(yan1)が中国の簡体字と違うので注意(繁体字)。
 
 
posted by KEN at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾ビジネス

ライブ台湾

いわゆる華流が最近流行っているようですね。
 
BSでも毎週台湾や中国のドラマが放映されています。
 
私の好きなドラマ【1メートルの光】が今ライブ台湾で第一話を
無料でみれます。
 
http://www.livetaiwan.jp/
 
 
また、ビデオポッドキャストで有名人の独占インタビューも
無料で見れますので、是非登録してみてください。
 
個人個人によって、地方方言の特有のなまりが出ていますが、
これもちゃんと聞き取れるようになって一人前ですね。
 
 
andyhui.jpg
 
↑許志安の独占インタビュー。典型的な広東人の話す中国語です(笑)
 
 
 
peterho.png
 
 
↑ピーターホー(何潤東)のインタビュー。最後に焼酎をプレゼントされ
 みんなで飲みますと言っています。酒すきそうですねぇ(笑)
 
posted by KEN at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華POP
Copyright(C) 2006 byチャイビジ!allright reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。